こんにちは。笹本啓太です。

 

長年乗っていた、ホンダの愛車を泣く泣く廃車処分にしようとしていたのですが、念のため車買取サイトを試してみたところ、じつは有償の価値が残っていて驚いた経験があります。

 

車種はアコードで、5万3千円で売却、処分することができました。

 

もともと大事に乗っていた車でしたが、通勤や遊びに、既に15年以上は乗ったでしょう、走行距離も15万km以上も記録してあり、我ながらよく乗ったものだと感心したものです。

 

その間、特に事故などもなく車そのものは、見るからに古くなっていて見栄えは良くありませんでしたが、外観、室内などは状態もよく、まだまだ乗れそうな感じはしていました。

 

しかし、同じホンダでミニバンの「ステップワゴン」に乗り換えようと思い立ったのです。

 

そして、廃車するつもりだった車について、ホンダのディラーの係員が言うには、「今の時代は、廃車にすると言うのは勿体無いですよ。中古車買取で査定してもらったら、案外と値がつく可能性もありますよ。それもネットを利用すると全国から買い手がつく場合もあるらしいですし…」というのです。

 

それではと、試しにネットサイトで車の一括査定というサイトを広げたら、色々なサイトが出てきました。

 

その中でも物品サイトや、オークション等でも利用していた、お馴染みの楽天グループの車の関係で「楽天オート」というサイトがあったので、そこへ車の状態や自己の情報を書き込んでやったら、早速、10社程度の買取り専門店のサイトから返事が来たのです。

 

ビックリしたのは、廃車同様で全く値段などは付かないものと思っていたのですが、実に0円というところは一社も無く、3万円から6万円というような値段が付けられていたのです。

 

結果として、近所にある○○バーという中古車買取店が4万5千円という見積もりが出ていたので、その車を持ち込んで売却相談をしたのです。

 

結局、持込サービスということも加味してもらって4万8千円という値段から5000円のプレミアを付けて5万3千円という、予想外の金額で売却が出来たのです。

 

一昔前までは、廃車するにしても、名義を消却したり変更するにも、お金が掛かったものですが、通常は有償である諸手続きも無償で行なうということなのですから、世の中ますます便利で良くなったという印象です。

 

一般的にマイカーを処分するときは、車検を通したほうが良いのかどうか・・?、という議論もあるようですが、車検前に処分するほうが得策と言えるようです。

 

車検は古くなるほどメンテなどの費用が掛かるもので、その分車検代も多くかかってしまいますし、その分、処分の時にペイ出来るほどの値段ではじけないとの意見があるようで、ここも売却の際のポイントかもしれません。

 

私のように、廃車同然の車でなくても、走行距離が低く、状態が良い車があるのでしたら、ぜひ買い替えや乗り換えで車買取サイトを利用することをおススメします。

 

インターネット中古車査定で売却相場を徹底調査